筋肉ひとり旅

ひとり旅と写真、そして筋肉。

鬼怒川一人旅 竜王峡編

f:id:suzuzusan:20200215234524j:plain

前回は電車に乗って竜王峡駅まで来ました。

竜王峡とは鬼怒川温泉川治温泉の間にある渓谷です。

竜王峡駅からすぐに遊歩道があるのでそちらを歩きます。

※2020年2月現在遊歩道崩落のため一部迂回路有り。

f:id:suzuzusan:20200215234929j:plain

f:id:suzuzusan:20200215235001j:plain

f:id:suzuzusan:20200215235018j:plain

f:id:suzuzusan:20200215235047j:plain

f:id:suzuzusan:20200215235108j:plain

歩いて5分チョイでしょうか、ハイキングというよりはお散歩程度ですが、滝があります。

竪琴の滝と言うみたいです。

f:id:suzuzusan:20200215235311j:plain

さらに川の方へと歩いていくと、またまた立派な滝があります。

f:id:suzuzusan:20200215235243j:plain

虹見の滝という名前のようです。

f:id:suzuzusan:20200215235409j:plain

虹見の滝は五龍王神社の近くからの方が良く見えます。

 

f:id:suzuzusan:20200215235432j:plain

f:id:suzuzusan:20200216000129j:plain

f:id:suzuzusan:20200216000144j:plain

f:id:suzuzusan:20200216000156j:plain

f:id:suzuzusan:20200216000208j:plain

f:id:suzuzusan:20200216000223j:plain

鬼怒川の水面がとても綺麗なエメラルドグリーンでした。

橋の上から水面に見入ってしまいました。

紅葉の季節に改めて訪れたいものです。

f:id:suzuzusan:20200216000242j:plain

川を渡ると整った遊歩道もあります。

f:id:suzuzusan:20200216001004j:plain

f:id:suzuzusan:20200216001016j:plain

f:id:suzuzusan:20200216001035j:plain

f:id:suzuzusan:20200216001056j:plain

f:id:suzuzusan:20200216001125j:plain

むささび橋で再び川を渡り駅へと戻ります。

f:id:suzuzusan:20200216001239j:plain

f:id:suzuzusan:20200216001256j:plain

タイミング悪く電車を逃してしまったので、鬼怒川温泉駅までバスで移動しました。

続きはまた後日。

 

↓↓↓クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村













 

鬼怒川一人旅 移動再び編

f:id:suzuzusan:20200215231257j:plain

小佐越周辺のホテルに宿泊しましたので、小佐越駅から出発します。

東武鬼怒川線鬼怒川温泉駅よりさらに奥にある竜王峡という場所を目指します。

小佐越駅からは5個目の駅ですので、さほど遠く無い場所でした。

f:id:suzuzusan:20200215231349j:plain

f:id:suzuzusan:20200215231810j:plain

無人で静かで長閑なホームで電車を待ちます。
気温も高く、いい天気でした。

f:id:suzuzusan:20200215232000j:plain

案内板を見ていると福島県に近いということを改めて思い出します。

f:id:suzuzusan:20200215232126j:plain

f:id:suzuzusan:20200215232144j:plain

f:id:suzuzusan:20200215232235j:plain

f:id:suzuzusan:20200215232209j:plain

下今市より鬼怒川温泉方面に関しては、特急リバティも乗車券のみで乗車できます。

座席指定する際は特急券が必要です。

1時間に普通列車と特急列車含めて数本くるか来ないかなので、この措置はありがたいですね。

慌てて特急券を購入しなくてよかったです。

ホームで写真を撮って時間を潰していると、列車が入線してきました。

f:id:suzuzusan:20200215232833j:plain

リバティ会津でした。

平日だったので、特急券なしでも座れるかと思いきや、学校行事の団体様が乗車していて、ドアの前で立ちでした。

すぐ着くので問題無かったですが。

f:id:suzuzusan:20200215233100j:plain

そんなこんなで龍王峡駅に到着です。

この駅はホームが半分トンネルの中にあります。

f:id:suzuzusan:20200215233210j:plain

注意事項がありまして、この駅ではICカードによる入場・出場ができません。

現金払いで出場した後に、他のICカード対応駅で出場処理を行う必要があります。

駅の出口を出てすぐの茂みで見つけました。

f:id:suzuzusan:20200215233650j:plain

いや、あったかいし。

f:id:suzuzusan:20200215233729j:plain

それはのんびり出来るよね。

f:id:suzuzusan:20200215233753j:plain

癒されました。

それはさておき、駅の近くに竜王峡へと繋がる遊歩道があります。

※2020年2月現在では遊歩道崩落のため、迂回路を使う必要があります。

 

つづく

↓↓↓クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

鬼怒川一人旅 鬼怒川吊り橋編

f:id:suzuzusan:20200212215414j:plain

東武ワールドスクウェアで1/25スケールの世界を満喫したので、次の目的地に移動していきます。

というか、寒かった。

暖をとるためにも、電車ではなく徒歩で移動していきます。

一駅分だけなのでさほどの距離です。

鬼怒川沿いの道を歩いていると吊り橋が見えてきます。

f:id:suzuzusan:20200212214027j:plain

絶景とスリルを味わえるとのことで、観光スポットとして紹介されてました。

吊り橋のたもとに無料の駐車場やトイレもあります。

f:id:suzuzusan:20200212215544j:plain

結構高さが高いのと、人が歩くと揺れること、風が強くてなお揺れるので、スリルな体験ができます。

高所恐怖症の方は要注意です。

f:id:suzuzusan:20200212215802j:plain

眺めはいいですが………。 

結構揺れるので、立ち止まっての写真撮影は手ブレしやすいです。

f:id:suzuzusan:20200212215936j:plain

吊り橋を渡って左の道を進んでいくと滝があります。

規模は小さいですが、古釜の滝という名前の様です。

 右の道を上がっていくと途中にトンネルがあります。

f:id:suzuzusan:20200212220445j:plain

トンネルを抜けると階段があるので、登っていきます。

階段の上には眺めのいい展望台があります。

f:id:suzuzusan:20200212220614j:plain

縁結びの鐘もありました。

f:id:suzuzusan:20200212220726j:plain

f:id:suzuzusan:20200212220739j:plain

渡ってきた吊り橋も見えます。結構上まで上がってきたんですね。

f:id:suzuzusan:20200212220918j:plain

f:id:suzuzusan:20200212220952j:plain

再びスリルを味わいながら吊り橋を戻って、次は鬼怒川温泉駅を目指して歩いていきます。

f:id:suzuzusan:20200212221335j:plain

f:id:suzuzusan:20200212221516j:plain

f:id:suzuzusan:20200212221537j:plain

電車に乗るわけでは無いですが、一度駅まで来てみました。
駅前広場には足湯があったり、鬼怒太像があったり、SLの転車台があったりでした。

駅から川沿いに歩いていきます。

f:id:suzuzusan:20200212222504j:plain

階段を降りて振り返るとそこには鬼が。

f:id:suzuzusan:20200212222548j:plain

f:id:suzuzusan:20200212222611j:plain

吊り橋では無いですが、再び眺めのいい橋。

 

対岸へ渡りさらに上流の橋で線路側に戻ってきます。

f:id:suzuzusan:20200212223200j:plain

こちらの橋のたもとには足湯があります。

f:id:suzuzusan:20200212223239j:plain

f:id:suzuzusan:20200212223256j:plain

f:id:suzuzusan:20200212223145j:plain

川の色がエメラルドグリーンでとても綺麗です。

そしてさらに上流へと歩いていきます。

本日何本目の橋でしょうか。

f:id:suzuzusan:20200212223627j:plain

今までの物より若干寂れています。

そして、橋から見える景色も寂れていました。

f:id:suzuzusan:20200212223737j:plain

見えるホテルはかつて栄えた物で今は廃墟に………。

最後に寂しい気持ちになってしまいました。

しかし、鬼怒川温泉は吊り橋が多いですね。

結局のところ、鬼怒川公園駅まで歩いてきてしまいました。

f:id:suzuzusan:20200212224137j:plain

 本日はここまで。

 

↓↓↓クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

鬼怒川一人旅 東武ワールドスクウェア・人模様編

f:id:suzuzusan:20200212085304j:plain

転んで書類を巻き散らかす人

前回はこちら

f:id:suzuzusan:20200212093538j:plain

www.tobuws.co.jp

東武ワールドスクウェアで精巧に再現されたミニチュア建造物の観賞に勤しんでいましたが、ミニチュアの人形たちがいい味を出していたのでそちらに注目しました。

f:id:suzuzusan:20200212085304j:plain

スカイツリータウンに書類をばら撒いて転倒するサラリーマンがいます。

公式HPでもそう表現されていますが……。

事件現場とでも言った方がしっくりきます。

f:id:suzuzusan:20200212094131j:plain

某総理大臣?

f:id:suzuzusan:20200212094212j:plain

両国が近いから

f:id:suzuzusan:20200212094249j:plain

f:id:suzuzusan:20200212094312j:plain

現役引退されました

f:id:suzuzusan:20200212094409j:plain

f:id:suzuzusan:20200212094427j:plain

f:id:suzuzusan:20200212094446j:plain

f:id:suzuzusan:20200212094503j:plain

f:id:suzuzusan:20200212094521j:plain

f:id:suzuzusan:20200212094551j:plain

f:id:suzuzusan:20200212094609j:plain

アメリカは警察が忙しそうです。

f:id:suzuzusan:20200212094646j:plain

f:id:suzuzusan:20200212094709j:plain

f:id:suzuzusan:20200212094728j:plain

f:id:suzuzusan:20200212094742j:plain

f:id:suzuzusan:20200212094754j:plain

f:id:suzuzusan:20200212094833j:plain

ロー○の休日

f:id:suzuzusan:20200212094920j:plain

音楽隊

f:id:suzuzusan:20200212094942j:plain

斜塔のSNS映え

f:id:suzuzusan:20200212095015j:plain

f:id:suzuzusan:20200212095032j:plain

f:id:suzuzusan:20200212095047j:plain

f:id:suzuzusan:20200212095059j:plain

H&W

f:id:suzuzusan:20200212095136j:plain

ラストエンペラーロケ

f:id:suzuzusan:20200212095201j:plain

f:id:suzuzusan:20200212095210j:plain

三蔵法師御一行様

f:id:suzuzusan:20200212095253j:plain

f:id:suzuzusan:20200212095304j:plain

f:id:suzuzusan:20200212095319j:plain

男はつらいね

f:id:suzuzusan:20200212095347j:plain

f:id:suzuzusan:20200212095358j:plain

f:id:suzuzusan:20200212095409j:plain

f:id:suzuzusan:20200212095421j:plain

バカ殿では無いか……。

f:id:suzuzusan:20200212095450j:plain

建物だけでなくミニチュア人形たちも面白ポイントです。

www.sony.jp

www.sony.jp

 

↓↓↓こちらもクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


































 

 

鬼怒川一人旅 東武ワールドスクウェア編

f:id:suzuzusan:20200212081828j:plain

前回は こちら
東武ワールドスクウェア駅で電車を降りたら道路を挟んですぐ目の前でした。

世界の建造物のミニチュアで有名な東武ワールドスクウェアです。

www.tobuws.co.jp

f:id:suzuzusan:20200212082203j:plain

f:id:suzuzusan:20200212082301j:plain

入場券を購入して園内に入園します。 入国します。

大人2800円です。

f:id:suzuzusan:20200212082550j:plain

f:id:suzuzusan:20200212082344j:plain

入り口入ってすぐにスカイツリーが見えてきます。というよりも、電車を降りてからずっと先端が見え隠れしていました。

f:id:suzuzusan:20200212083024j:plain

見上げるアングルで撮ると本物さながら

入り口付近は現代日本ゾーンでした。

国会議事堂や東京駅、迎賓館、成田空港、東京ドーム、東京タワーなんかがあります。

若干時代設定が古いですが、リアルに再現されてますので、自分の記憶とリンクしやすいです。

あーここ行った、とか、こんな感じだった、とか。

f:id:suzuzusan:20200212083903j:plain

f:id:suzuzusan:20200212083943j:plain

f:id:suzuzusan:20200212084021j:plain

f:id:suzuzusan:20200212084144j:plain

現代日本を出国して世界1周へと旅立ちます。

f:id:suzuzusan:20200212084209j:plain

 

f:id:suzuzusan:20200212084235j:plain

f:id:suzuzusan:20200212084258j:plain

f:id:suzuzusan:20200212084327j:plain

f:id:suzuzusan:20200212084344j:plain

f:id:suzuzusan:20200212084358j:plain

f:id:suzuzusan:20200212084411j:plain

f:id:suzuzusan:20200212084431j:plain

ヨーロッパ方面は繊細な装飾の建造物が多いですね。

f:id:suzuzusan:20200212084449j:plain

f:id:suzuzusan:20200212084504j:plain

f:id:suzuzusan:20200212084528j:plain

日本の建造物は落ち着きます。

f:id:suzuzusan:20200212081450j:plain

スカイツリー自由の女神・東京タワー・台北101

この場所ならではの異国コラボがそこ彼処で見ることができます。

再び世界を含めて色々な場所を旅したい気持ちが湧いてきます。

世界一周した気持ちになれそうです。

が………………。

f:id:suzuzusan:20200212085304j:plain

遊び心あるミニチュアたちが色々やらかしているのを見つけてしまい……。

楽しみ方が変わりました。

次回へ続く

 

↓↓↓こちらもクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



 

 

 

鬼怒川一人旅 移動編

f:id:suzuzusan:20200211233232j:plain

 

久しぶりのひとり旅です。ようやく時間が取れましたので、1泊2日で栃木県の鬼怒川温泉へと出発です。

f:id:suzuzusan:20200211233003j:plain

北千住からリバティけごん1号に乗車

 

北千住駅を朝の6:42に出発します。

そういえば北千住の特急ホームを使ったのは今回が初めてでした。

f:id:suzuzusan:20200211233805j:plain

スペーシアと比べてしまうのはあれですが、新しい車両だけあって揺れも少なく快適でした。

まだ朝の時間が早いためでしょうか、祝日にも関わらず、車内はガラガラでのんびりできました。

太陽光と暖房でポカポカして睡魔に襲われ、目覚めると遠くの山に積雪が見えはじめていました。

f:id:suzuzusan:20200211234122j:plain

f:id:suzuzusan:20200211234350j:plain

下今市駅で後続の各駅停車に乗り換えます。

乗る予定の電車まで30分の待ち時間があったので、何してようかと考えていると何やら石炭の匂いが漂ってきました。

f:id:suzuzusan:20200211234724j:plain

隣りのホームの電車の向こうにいました。

www.tobu.co.jp

SL、蒸気機関車がいるではないですか。

f:id:suzuzusan:20200211234929j:plain

f:id:suzuzusan:20200211234946j:plain
SL大樹が発車準備をしているようでした。

実は以前に同じ下今市駅で試運転の同機関車を見かけたことがありましたが、運行開始からは初めての遭遇でした。

そして、下今市駅にはSL展示館・転車台広場といったSLにまつわる施設展示があります。

SL展示館・転車台広場 | ご乗車案内 | 東武鉄道 SL大樹公式サイト | 東武鉄道

無料で入れるので乗換時間を潰すにはもってこいでした。

f:id:suzuzusan:20200211235704j:plain

f:id:suzuzusan:20200211235729j:plain

f:id:suzuzusan:20200211235744j:plain

給水塔とSL大樹

f:id:suzuzusan:20200211235821j:plain

転車台

そうこうしているうちに乗換時間になりました。

f:id:suzuzusan:20200211235915j:plain

f:id:suzuzusan:20200212000024j:plain

ボックスシートな2両編成で東武ワールドスクウェア駅へと出発です。

ガタゴトと電車に揺られながら、車外を眺めていると、SL大樹の写真を撮ろうとスタンバイしている撮り鉄の方々がそこら彼処にいらっしゃいました。お疲れ様です。

f:id:suzuzusan:20200212000129j:plain

特徴的なデザインの駅外観

東武ワールドスクウェア駅で下車します。

目的はもちろんこちらです。

www.tobuws.co.jp

東武ワールドスクウェアについては次記事にてアップします。

 

今回も写真はほぼこちらのレンズを使用してます。

www.sony.jp

 

↓↓↓こちらもクリックお願い致します。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村












 

朝、浅草

f:id:suzuzusan:20190901093018j:plain

新しくレンズを購入したのでテストがてら、朝の浅草に散歩に出かけました。

www.sony.jp

朝6時に雷門の前に着きました。

天気は曇りでした。

どこからか鐘の音が聞こえます。

f:id:suzuzusan:20190901093500j:plain

F4通しのレンズですので、この時間では光量不足が否めません。

明るい単焦点レンズとはやっぱり違いますね。

f:id:suzuzusan:20190901093937j:plain

f:id:suzuzusan:20190901093743j:plain

普段は賑わう参道も、この時間なら人もまばらです。

f:id:suzuzusan:20190901093818j:plain

f:id:suzuzusan:20190901094027j:plain

f:id:suzuzusan:20190901094049j:plain

f:id:suzuzusan:20190901094110j:plain

f:id:suzuzusan:20190901094401j:plain

f:id:suzuzusan:20190901094422j:plain

f:id:suzuzusan:20190901094448j:plain

f:id:suzuzusan:20190901094516j:plain

f:id:suzuzusan:20190901094543j:plain

朝の法要でしょうか、本堂から御経を唱える荘厳な声が聞こえてきます。

浅草寺を後にして隅田川へと歩いていきます。

f:id:suzuzusan:20190901095200j:plain

f:id:suzuzusan:20190901094818j:plain

アサヒビールと金の〇〇〇。

f:id:suzuzusan:20190901095000j:plain

浅草駅の地下にディープな地下街があります。

f:id:suzuzusan:20190901095101j:plain

f:id:suzuzusan:20190901095139j:plain

f:id:suzuzusan:20190901095222j:plain

f:id:suzuzusan:20190901095251j:plain

f:id:suzuzusan:20190901095306j:plain

f:id:suzuzusan:20190901095325j:plain

三脚を持って来ればよかった程の暗さでした。

f:id:suzuzusan:20190901095433j:plain

地下への入り口もディープです。

f:id:suzuzusan:20190901095529j:plain

f:id:suzuzusan:20190901095553j:plain

f:id:suzuzusan:20190901095609j:plain

f:id:suzuzusan:20190901095623j:plain

f:id:suzuzusan:20190901095645j:plain

f:id:suzuzusan:20190901095657j:plain

f:id:suzuzusan:20190901095720j:plain

f:id:suzuzusan:20190901095738j:plain

f:id:suzuzusan:20190901095756j:plain

気ままな散歩でした。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村